もみじやについて

泰阜村のジビエへの想い

みなさん、鹿肉って食べたことありますか?

鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で『ジビエ』と言い、ヨーロッパでは高級グルメ食材として親しまれています。自然に恵まれた南信州では、昔から山のお肉を頂く文化があり、今でも鹿や猪がたくさん獲られる地域です。

しかし、現在では猟師の家庭以外の一般家庭で鹿肉等を食べる習慣が少なく、たくさん獲っても山に埋められていました。
そこで、2017年6月に泰阜村にもジビエの食肉加工施設ができ、本格稼動が始まりました。農業被害を防ぐために行われる有害鳥獣対策。その副産物の山肉は猟師たちだけでは食べきれないくらいたくさん獲れます。

捨てるなんてもったいない、ちゃんと最後まで頂くことを大事にしたい。

そんな想いから施設を運営しています。私たちの日常にある恵み『山肉』を、ぜひ!お召し上がりください。

加工所施設

泰阜村ジビエ加工所

営業時間

【春夏】

  月〜土:8:00〜12:00

【秋冬】

  月〜土:8:00〜12:00

上記は鹿等の受け入れ時間です。

午後は不在の場合がありますが、事前にご連絡頂ければ肉等ご購入頂けます。
また、現場見回りや配達等で不在にする場合がありますので、来店前にご連絡いただけますと幸いです。

休業日:

 日曜定休
 その他、お盆・年末年始

 半月毎に営業日ページFacebookにてお知らせします

所在地:

 〒399-1801
 長野県下伊那郡泰阜村6080番地16

スタッフ紹介

井野春香

スタッフ(2~3名:泰阜村猟友会員)

全員狩猟免許を持っており、専任スタッフは食肉加工の研修も受けています。

安心して食べていただける商品を提供できるよう衛生面もHACCPに基づいて管理しています。

看板犬:華(はな、紀州犬♀)

人も犬も大好きでやんちゃな子犬っぽい一面もある、とっても優しい性格の女の子です。

看板犬:夏乃子(かのこ、甲斐犬♀)

人懐っこい性格のママ。ただ警戒心も強いので吠えることがあります。

看板犬:空真(くうしん、甲斐犬♂)

ちょっぴり怖がりな男の子です。

看板犬:朱華姫(はねちゃん、甲斐犬♀)

まだ警戒心の強い子犬で、吠えることもありますがあたたかく成長を見守ってください。

基本的には優しい性格の犬たちですが、触れる前に必ずスタッフに声をかけてください。日本犬の性質上、番犬や猟犬の気質が出て歯が当たる事があるので、勝手に触ることのないよう、お願い致します。
また、犬連れの方もお連れになる犬をむやみに近づけぬようお願い致します。

ご連絡先

  • FAX 0260-25-2313

または、下記よりお問い合わせください。